紫外線対策で知っておきたい!見落とされがちな5つのこと

       
     
       

はじめに

女性なら誰もが気にしている紫外線。
春先から気温が徐々に高くなるにつれて、気になりはじめますよね。

しかし、今の紫外線対策だけで本当に十分なのでしょうか?

今のお肌だけではなく5年後、10年後のお肌も健やかに美しく保つため、正しい知識をもとにした紫外線対策を取り入れましょう。

日差しの強い夏だけで大丈夫?紫外線対策を始める時期

夏が近づくと日焼け止めのCM・広告がテレビや街に溢れだします。

慌てて紫外線対策をしようとドラッグストアーや化粧品売り場などで日焼け止めを買っていませんか?
実はそれでは遅いのです!

紫外線にはUV-A波とUV-B波があるのですが、UV-A波は冬でも夏の2分の1、UV-B波は5分の1が私たちの元へと降り注いできているのです。

紫外線対策をしない無防備な肌で冬の間ずっと外へ出ていると、それだけでシミやシワなどの紫外線による肌ダメージのリスクが増えてしまいます。

また3月頃から紫外線量は徐々に増えて、そのピークはなんと5~6月頃です。
梅雨が明けてから慌てて紫外線対策を行うのではまったくの手遅れなのです。

紫外線対策は基本的に1年中、さらに気をつけるのは3月からと心得てください。

日焼け止めを塗る場所とタイミング

日焼け止めをシミができて欲しくない顔にだけ塗っているという人が意外と多くいます。

そしてうっかり、半袖の形に腕に日焼け跡ができてしまったり、気づくと首にシミができていたり・・
また、ふと気づくと普段は下着に隠れている胸元にもポツポツとシミができてしまっていませんか?

日焼け止めは露出している顔、首、腕、手、足の甲はもちろん、露出していない箇所にも必要です。

衣服の色・素材によっては紫外線を意外と多く通してしまっているものがあります。

服を着ていても日焼けをしてしまうということです。
特に春先〜夏の紫外線は強いので、暖かくなったら全身日焼け止めが必要だと考えてください。

また、いくら日焼け止めクリームをつかっても汗や皮脂、摩擦で落ちてしまうものです。

屋外での活動時にはできれば2時間おき、そうでなくても4〜5時間おきで日焼け止めを塗り直すといいでしょう。
ちょうど朝にメイクをして、お昼ご飯を食べた後くらいにメイク直しも兼ねて日焼け止めを塗り直すと良いでしょう。

日焼け止め以外のUV対策

日焼け止めを使うことはUV対策の基本ですが、さらに万全を期すために日傘や帽子、UVカット機能のあるサングラスを上手に併用しましょう。

頭皮や髪にも紫外線は悪い影響を与えます。これらを防ぐには帽子や日傘が必要です。

最近ではUVカットの効果のある衣服素材が出ており、紫外線を通さない素材の薄手のカーディガンなども大手ファストファッションのブランドから手頃な価格で出ています。
こういったものを利用するのも一つの手ですね。

また、目から入ってくる紫外線の影響でメラニンが生成されて皮膚にシミができてしまうメカニズムがマウスの実験で明らかになっています。

強い紫外線は眼の健康にも悪影響があるので、サングラスやUVカットの効果があるメガネを使うのもお忘れなく。

肌に日焼け止めを使うのはもちろん、これらの紫外線防止グッズを上手に取り入れることが必要です。

それでも紫外線を浴びてしまったら美白成分を取り入れる

このように万全の態勢で日焼け対策をしていても、普段の生活で、家の中でも紫外線は私たちの元へ降り注ぎます。

また、加齢とともに皮膚のターンオーバーが長くなり、生成されてしまったメラニンがうまく排出されずに皮膚にとどまることでくすみやシミなどの肌の悩みへと繋がってしまいます。

ターンオーバーに関しては、「ターンオーバーの基礎知識!お肌の生まれ変わり力を高めよう」でお伝えしております。

これは誰でも起こりうることで、UV対策だけで完全に紫外線ダメージを防ぐのは難しいと言えるでしょう。

そこで、紫外線対策のクリームやファンデーション、基礎化粧品に美白成分の入ったものをチョイスすることで、紫外線を防ぐとともにダメージからの回復も叶えることができるのです。

紫外線対策ができる日焼け止めクリームを賢く選ぶ

紫外線対策ができる日焼け止めクリームは肌への負担が少なく、さらに美白成分や美容成分が入っているものを選ぶのが良いでしょう。
毎日使うものだから、肌に優しいものがいいですよね。

色白美人シリーズなら植物エキスを中心に、肌に優しい成分がたっぷり入っています。
さらに紫外線防止効果もあり、一つでUVカットと美白を同時に叶えることができます。

顔だけでなくボディにもたっぷり使うことで、紫外線を防止して、さらにすでに紫外線ダメージを受けてしまった皮膚を優しくいたわり、全身透き通るような白い肌に導きます。

“色白美人 フェイス&ボディ”を使っている人は
「肌が白くなったと人に言われる」
「ホイップみたいで軽く、つけ心地が最高」
「顔のくすみが取れて透明感が出てきた」
「軽くてさっぱりしているから続けられる」
「化粧品を変えた?と友達に褒められた」
という口コミを寄せており、とても喜ばれています。

いかがでしょうか?

今までの紫外線対策で見落としていたことがあったら今すぐ取り入れて、今年はしっかりと白い肌を守りましょう。

【監修】自然派化粧品の老舗「美健漢方研究所」

色白美人 ハーブホワイトフェアリークリーム 【日焼け止め&美白*】

肌に優しい美白&紫外線対策

日焼け止めクリームと美白ファンデの二役こなす優れモノ。ホイップみたいに軽いつけ心地。なめらかにお肌に密着します。お肌の凸凹をカバーし、薄化粧をしているように見えるのでノーメイク派にも人気の商品です。
お肌にやさしい酸化チタン配合なので、お出かけ前に塗れば紫外線を防止。ナイトクリームとして塗れば、マグワ根皮エキス・プラセンタエキス・アスコルビン酸(ビタミンC)の働きで、艶めいた透明感あふれるクリアな肌へと導きます。

ご購入はこちら


最新情報をSNSでチェックしよう!

多くの女性に、正しいスキンケアの方法を知って頂くために。

監修 株式会社 美建漢方研究所
所在地 千葉県千葉市緑区誉田町2-24
事業内容 自然派化粧品の販売
電話番号 0120-122-457
HP https://biken-k.com/