敏感肌のかゆみの原因は何?徹底した保湿で潤い肌をキープしよう

       
     
       

敏感肌にかゆみが起きる原因は?

乾燥している季節だけではなく、1年を通してかゆみや赤みに悩まされる「敏感肌」。気軽に掻くことができる部位ではないことも相まって、大きなストレスを感じている方も多いのではないでしょうか。

この敏感肌に伴う「かゆみ」の原因を知っていますか?

敏感肌だからとあきらめず、かゆみを抑えて肌そのものをきれいにするために、まずはかゆみの原因から見ていきましょう。

肌が乾燥している

敏感肌に伴うかゆみの一番大きな原因は、お肌の大敵でもある「乾燥」になります。

肌表面に十分な皮脂を供給できなくなることで乾燥肌になってしまいますが、肌表面の皮脂が足りないということは、デリケートな肌がむき出しになっていることと同じです。

本来肌が持っている「バリア機能」が低下してしまうことになるので、少しの刺激にも敏感に反応してしまうようになり、「かゆみ」という症状が出てくることになってしまうのですね。

バリア機能が下がってしまうと、かゆみだけではなく様々な面から肌トラブルの原因となってしまうので、保湿だけではなく洗顔から見直していく必要があります。

アレルギーの可能性も

敏感肌の方は肌トラブルが起きやすいと思いこんでいませんか。

確かに強い肌を持っている方から比べれば、トラブルは多くなりがちです。

ただ敏感肌だから仕方がないと考えてあきらめてしまうのは危ない側面も。実は肌のかゆみの原因が「アレルギー」だった、というケースもあるのです。

アレルギーと聞けば湿疹など、肌表面に何らかの変化が起こるものと考えがちですが、アレルギーによって乾燥が促進されてしまうこともあるのです。

敏感肌ではあるけれど、いきなりかゆみを感じることが多くなった場合などは、一度お医者様に診てもらうのもおすすめですよ。

かゆみを抑える方法、注意点は?

敏感肌自体をケアすることができれば一番ですが、一朝一夕にはいきませんよね。

まずは、これ以上の肌トラブルを招かないために、かゆみを抑える方法や、かゆみを感じているときの注意点などを見ていきましょう。

絶対に掻かない

基本中の基本として、絶対に掻かないように気を付けましょう。

かゆみを我慢することがとても難しいのはわかりますが、掻いてしまうと、その行為自体が肌にとって新しい刺激となってしまいます。

刺激を受けた肌は余計に傷つき、かゆみを抑えるどころか余計にかゆくなってしまう悪循環を生んでしまうのです。

かゆみ止めのクリームを使うのも有効

我慢できないかゆみをただ我慢しなさい、と言われても無理ですよね。なので、かゆみがひどいときには、市販されているかゆみ止めのクリームを活用してみましょう。

様々な商品が売り出されているので、出かけた先でも使えるような汎用性が高いものをチョイスするのがおすすめです。

また、クリームを塗るのと同時にかゆい場所を冷やすことができれば、速やかにかゆみを抑えることができますよ。

敏感肌を改善するためには

ではここからは、根本的にかゆみを抑えることができるよう、敏感肌を改善するにはどのような方法があるのか、といったところを見ていきましょう。

長年敏感肌に悩まされてきた、という方も多いでしょう。しかし、劇的に改善させることはできなくとも、ちょっと気を付けていくだけで敏感肌を安定させることは可能です。

今日からでも意識してみてくださいね。

保湿重視のスキンケアを

敏感肌の方だけではなく、すべての肌質の方に言えることですが、「保湿」はしっかりと意識をして行いましょう。

ただこってりとしたクリームを塗る、保湿重視のスキンケアをするだけではなく、つける際にも刺激を与えないことがとても大切。

化粧水を使う際、手のひらでつける派やコットンを使う派など人によって分かれると思います。

お肌への刺激を抑えたいと考えている場合は、断然おすすめは手のひらでのスキンケア。どれだけ上質なコットンを使おうとも、肌以外のものが触れてしまうことは少なからず肌にとってストレスに繋がります。

手のひらでお肌を包み込むようにケアしていくのがおすすめですよ。

生活習慣、環境の改善

肌の健康を考えた際に無視できないのが、体の健康。体の方にトラブルがあった場合、肌表面のトラブルよりも生命維持の方にエネルギーが割かれるのは自明の理です。

暴飲暴食をしていないか、ストレスが溜まっていないか、睡眠時間は適切かなど思いつくものはありませんか?

また、現代では強すぎるエアコンなどによって、湿度が高い季節でも部屋内の乾燥が進み、肌の乾燥まで進んでいるというケースもあります。

自身の生活習慣や周りの環境なども気にしてみましょう。

見落としがちなシャンプーにも気を付けて

肌トラブルの原因の一端となりながら、なかなか気づきにくいのがシャンプーだとご存知ですか?

洗顔やスキンケアアイテムは肌に優しいものを選んでいるけれど、シャンプーは香り重視で選んでいたとか…。

また、しっかりと落とし切れていなかったシャンプーの成分が、肌に残っていたせいで肌トラブルを引き起こしていたということも。

すすぎを今まで以上に気を付ける、シャンプーの成分にもこだわってみるなど、今一度見直してみましょう。

また、シャンプーで髪を洗う際にも、シャンプー自体をしっかりと泡立ててから洗うと、刺激を抑えることができるようになりますよ。

保湿力と優しさを兼ね備えたスキンケアを

大人の女性の肌は日々さまざまなストレスや刺激にさらされているので、肌のかゆみはそんな刺激に対する肌からのSOSなのかもしれませんね。

根本的に敏感肌を治そうと考えるのならば、保湿はもちろん肌に刺激を与えない優しいコスメが一番。

「シソ葉エキス化粧品シリーズ」は、保湿に特化しているうえに、ほぼ刺激を感じることのない優しい使い心地が特徴的なスキンケアアイテム。

隠れた実力者である「シソ」のエキスで、敏感肌にしっかりとした潤いを与えてあげましょう。乾燥から解放された肌は柔らかくふっくらとした肌に、水分をしっかりと閉じ込めた肌はトラブルを遠ざける一番の味方になってくれますよ。

【監修】自然派化粧品の老舗「美健漢方研究所」

紫蘇エキス化粧品シリーズ

敏感肌のかゆみには
「シソ化粧品」の優しさを

お肌が弱い、外部の刺激や季節により不調をきたしやすい…。最近、敏感肌の女性が増えています。お肌はとても繊細です。実は多く方はもともと敏感肌だったわけではなく、精神的なストレスや食生活、不規則な生活など環境の変化が原因でお肌が不安定に傾いている場合がとても多いといわれています。
敏感肌になっているときは、肌の水分保持力が低下して、お肌が乾燥状態に…。こんな時こそ保湿をしっかりとしてくれる「シソ葉エキス化粧品シリーズ」をご活用ください。

ご購入はこちら


最新情報をSNSでチェックしよう!

多くの女性に、正しいスキンケアの方法を知って頂くために。

監修 株式会社 美建漢方研究所
所在地 千葉県千葉市緑区誉田町2-24
事業内容 自然派化粧品の販売
電話番号 0120-122-457
HP https://biken-k.com/