シミを消したい人が選ぶ最短シミ解消ケア(治療・スキンケア)

       
     
       

いつの間にか出てきてどんどん増えるシミ。なぜ増えていくの?

目立つものから、顔全体に薄く広がったものまで、シミは気づいたら増えています

若い頃は日焼けをしてもいつの間にか肌が明るくなって、シミは残りませんでした。

それが気づいたときには、そばかすのような細かいシミや、ぺたっと張り付いたような大きなシミが出来てショックを受けることも。

そもそもシミはどういう仕組みでできるのでしょうか?

「シミは大量のメラニンが滞留してしまったもの」です。

といっても、メラニンが悪いわけではありません。

メラニンは本来、紫外線などの外部の刺激から肌を守る、“肌そのものが持っている日傘”のような役割なのです。

本来であれば色素細胞であるメラノサイトが紫外線などの刺激を受けた肌を守るために新たにメラニンを作り、肌全体に均等に行き届くように指令を出します。

そして産生されたメラニンは、おおむね28日周期の皮膚のターンオーバーで自然と剥がれおちていく仕組みになっています。

ですが、長時間紫外線を浴びてしまったり、生活習慣の乱れで体に疲れやストレスがたまっていると、このターンオーバーがうまく働かず、メラニンが肌に残ったままになることがあります。

その残ったメラニンこそ【シミの正体】なのです。

ただしシミと見間違えられることが多い“肝斑(かんぱん)”は、理由が異なります。

女性ホルモンが影響していると言われている肝斑は、30〜40歳くらいからで始めて、50代後半まで続くと言われています。

ですが、この肝斑の場合は、閉経の時期になると薄まっていくことがあるため、“体の内側に原因があるシミ”なのです。

近年では、トラネキサム酸服用で治療する方法に注目が集まっています。

シミはレーザー治療でも消すのが大変!?原因の見極めが重要

医療機関ではこのように医師によってレーザー治療が行われます

「シミ」は、色々な原因から出ている場合があるため、消すためのアプローチもさまざまあります。

最近は「肝斑」という体の内側から原因を発するシミのようなものもあるため、医療機関でも見ただけでは判断できない場合もあります。

「肝斑」は内服薬などで消すことができるため、化粧品よりはお薬で治療するものになります。

ただし日常的なスキンケアやお薬での治療は、改善までに時間がかかるため、急いで結果を出したい人には、医療機関で受けられるレーザー治療などの医療機関での美容外科的施術が多く利用されています。

医療機関で受けるレーザーはパワーが強力なため、皮膚科医しか施術ができません。

現在では数多くの種類の治療機器が開発されており、IPL(インテンシブパルスライト)、RFエネルギー治療、色素性疾患治療用レーザー、あざ取りレーザーなど、できてしまった原因に合った機器を選択できるようになっています。

一般的には顔全体や気になる箇所にジェルなどを塗り、レーザーの光をあてるだけです。

メラニンの排出を促したり、メラニンだけをピンポイントで破壊したり、光の強さや働き方はそれぞれですが、通常一回だけではなく、数回で1セットとして全体的に消し去っていくことを薦められるでしょう。

レーザーをやりたい!と思い立ったときに、ひと昔までは「術後は紫外線を避けなくてはいけないため、春〜夏場などの紫外線が強い時期は薦められない」と言われていましたが、現在ではレーザーを当てた箇所にUVカットフィルムを貼ってしっかりと防ぐことができるようになりました。

卵の薄皮よりも薄いといわれる厚さで、貼ってもぱっと見全然わからないほどで、フィルムの上からもメイクをすることができ、時期を選びません。

ただし顔全体のトーニングなどは、日焼け止めだけで大丈夫かなど、クリニックで確認をして時期を考えてくださいね。

シミケアは増やさない予防も同時に進めることが肝心

暑くても紫外線カット!この姿勢が、のちの肌を左右します

シミは今見えているシミが消しされれば終わり、ということではありません。

当然ですが、シミはまた同じような環境が繰り返されれば、同じようにまたできてしまいます。

できてから消すまでが大変なので、最初から作らないのが一番!です。

日中は紫外線をカットし、スキンケアでは1日を通して肌が潤った状態をキープしていることで、かなりのシミ予防になります。

美容液などをうまく利用し、より効果的に予防するのがオススメです。

また、毎日の生活習慣もとても大切です。

栄養バランスのよい食生活や睡眠時間の確保、毎日湯船に浸かって体を温めるなど、体全体をリラックスして元気な状態にしていくことも行なってくださいね。

シミを日常ケアで消していくためのオススメ成分とその理由

アロエベラなど、昔から肌に良いとされていた植物は今でも愛用している人が多くいます

シミに効く成分として、最近では「ハイドロキノン」や「トレチノイン」などの成分をよく耳にするようになりました。

どの成分を選べばいいのか名前を聞いただけではわからない人も多いと思いますので、まずは科学的に開発された成分の特徴をご紹介します。

●ハイドロキノン
科学的に色素を分解し無色に変える働きがあります。元々は作用が強いため、医療機関でないと使えなかったのですが、薬事法の規制緩和で化粧品にも利用できるようになりました。

●トレチノイン
強い作用で、肌のターンオーバーを促進させます。表皮の細胞を活発化させ、表皮の深い層内に留まったメラニンを外に排出させると同時に、メラニン色素の少ない皮膚に生まれ変わらせます。シミだけでなくニキビ痕などにも効果的です。

科学的に研究され化粧品やシミ治療などに使われている成分は、時間をかけて研究されているものも多く、シミを消すための集中ケアとして効果的です。

ただし肌が弱い人には、効果的な分刺激になることも多く、ナチュラル系コスメでないと使えないという人も少なくありません。

その場合は植物などの自然成分を多く配合したものが安心です。

<オススメ自然派成分>

●紫根エキス
漢方などにも使われ、ターンオーバーを促進し、皮膚の生まれ変わりをサポートします。その結果肌のトーンが明るくなるため、美白にいい成分としても人気が高まっています。

●シャクヤク根エキス
肌に潤いをとどめ、紫外線に負けない肌をキープします。皮脂バランスを整えることにも優れています。

●アロエベラ葉エキス
保湿力が高く、紫外線から肌を守ります。民間療法として昔から肌荒れ治療にも使われてきた植物です。

自分の肌に合ったもの、安全なものを選択していくことが最も大切です。

日常のケアのつもりが、肌に負担をかけていることにならないよう、吟味してくださいね。

シミケアに特化した成分を配合した化粧品で上手にスキンケア

シミのない美しい肌を目指したスキンケアを

シミを消したいという目的を持って美白ケアするのなら、やはりシミに効果的な成分を選ぶのがベスト。

ですが、肌に負担をかけたくない、という人であれば植物成分など、肌に優しいものを選んでください。

そしてシミに限らず、肌トラブルを改善していくときは、肌が潤っていなければ回復は遅れます。

シミケアには、保湿力が高く、同時にメラニンを肌から排出させてくれる働きがある化粧品がオススメです。

そして日中は紫外線カットケアをお忘れなく!

紫根エキス和漢自然派基礎化粧品

シミを消したい人が選ぶ
高リピート紫根化粧品

日本の伝承品「紫草の根 紫根(シコン)」の歴史は古く、万葉集に見ることができます。美健漢方研究所では、1978年、創業当初より歳月をかけて“紫根の力”を最大限に引き出す「紫根基礎化粧品」を開発、改良を重ねてきました。使い続けることでお肌自体をリフレッシュして“肌の自活力”を高めてくれます。

ご購入はこちら


最新情報をSNSでチェックしよう!

多くの女性に、正しいスキンケアの方法を知って頂くために。

監修 株式会社 美建漢方研究所
所在地 千葉県千葉市緑区誉田町2-24
事業内容 自然派化粧品の販売
電話番号 0120-122-457
HP https://biken-k.com/