アトピー改善を目ざすなら紫根化粧品

       
     
       

アトピーを改善するにはどうすれば良いのでしょうか?

イヤなアトピー!できることなら完治させたいものですが、完治は難しいともいわれています。

しかし、子供の頃からアトピーに悩みながら、大人になって症状が改善する人も確かにいます。

アトピーだったと言って「えっ?本当に?」と、驚かれるスベスベお肌を手に入れるのも夢ではないのです。

たとえば、紫根化粧品で改善するというのもひとつの方法です。

アトピーの原因と改善への道について解説しましょう。

そもそもアトピーって何?

アトピーことアトピー性皮膚炎は、かゆみを伴う湿疹が体じゅうのいろいろなところにできるのが特徴です。

赤ちゃんの頃に発症したものなら、2~3歳頃までにほとんど症状が治まるそうですが、それより遅い発症となると長引くのが特徴です。

全身がジュクジュクになってしまう重度の人から、ひじの内側、ひざの裏側など目立たない部分だけに症状が出る人まで、アトピーと一口に言ってもさまざまです。

顔、首などの目立つ場所に発症してしまうこともあります。

さらに、アトピーは独特の痒みを伴います。そのため、寝ている間にひっかいてしまい悪化させてしまう……というのもめずらしくないのです。

寝ている子供がかきこわさないように見守るお母様などもいて、アトピーの苦しみは本人だけではなく、家族に及ぶこともあります。

思春期を過ぎて症状が軽くなる人がいる一方、大学受験や就職活動などでストレスが重なり悪化してしまうこともあります。

イヤなアトピーの原因とは?

そもそも、アトピーって何?

アトピーに悩む人の多くが、一度は抱いたことがある疑問でしょう。

アトピーとはギリシア語の「アトポス」=「奇妙な」を語源としています。つまり「よくわからない病気」ということなのです。

アトピーの原因はいまだにはっきりとは解明されていません。しかし、人によっていくつかのアトピーを引き起こすきっかけはあるといわれています。

たとえば、アトピーの原因のひとつとしてよくあげられるのが「遺伝」です。確かにきょうだいでアトピーという人もいます。

しかし、その一方で、家族の中でひとりだけがアトピーという例もあり、けっして遺伝だけが原因ではないということがわかります。

ダニ、ハウスダストなどが多い環境も、アトピーを引き起こすともいわれます。

しかし、どんなに清潔にしていても、アトピーを発症してしまうこともあります。「不衛生にしていたからアトピーになった」というのは偏見といえるでしょう。

物理的な刺激がアトピーをひどくするとも言われますが、それは正解です。かきこわすことでアトピーが悪化してしまった例は少なくありません。

原因をつきとめれば正しく対策することもできます。たとえば、かきむしる癖のある子供は、お母様がよく注意するなどして症状を改善することもできるのです。

また、そういった「原因に応じた対策」だけではなく、「アトピーに負けない体づくり」ということで、食事を改善するという方法もあります。

食生活でアトピーを改善する

100%母乳で育った子供は、アトピーにならないといわれています。それほどまでに、口にするものと皮膚の間には密接な関係があるのです。

アトピーを治したいなら砂糖と脂肪の食べ過ぎはダメ!という説もあります。

食の欧米化に伴ってアトピー人口が増えたという研究もあり、できるだけ日本の伝統的な和食を日々心がけるのが良いとも言います。

皮膚の材料となるタンパク質、新陳代謝を正常化するためのビタミン、ミネラルとしっかりと摂るようにしましょう。

毎日、一汁三菜をきまった時間にいただくことができれば理想的です。

アトピー改善にはヨーグルトを毎日食べる!

腸内環境を整えて免疫力をアップさせることで、アトピーが改善されるとも言います。

「便秘気味の時はアトピーがひどくなる」と言う人もいるので、試してみる価値は大いにあるでしょう。

しかし、そこまで食事に注意しても、出る時は出るアトピー。食事の他に何に気をつければ良いのでしょうか?

皮膚のバリア機能をアップさせて目ざせアトピー改善

アトピーの人は皮膚のバリア機能が低下しています。

皮膚は体の一番外側にあり、外部からの刺激をダイレクトに受ける器官です。この時、バリア機能が正常に働いていればトラブルは起きません。

しかし、バリア機能が低下した皮膚は、異物の侵入を許してしまいます。その結果、イヤなアトピー症状も引き起こされてしまうのです。

アトピーの肌は独特のガサガサ感があります。朝、化粧水でしっかり保湿しても、会社に到着する頃にはカピカピになっていることもめずらしくありません。

この乾燥こそが、皮膚のバリア機能が低下しているサインでもあるのです。

乾燥を感じたら、まずはたっぷりと保湿するようにして、肌本来のバリア機能を高めるようにしてください。

そうはいっても、アトピー肌を満足させる保湿力のある化粧品というのはなかなかないものです。

ドラッグストアなどにも保湿効果の高さをアピールする商品はたくさん並んでいます。確かに、乾燥肌には効き目があるのかもしれませんが、アトピー肌にとっては必ずしも十分な効果があるとは言えないのです。

アトピー改善をねらうなら紫根化粧品

アトピー改善のためには、保湿効果の高い化粧品を使うのが近道です。

それには紫根化粧品をおすすめします。

紫根エキスをはじめとした13種類の植物エキスが皮膚のバリア機能を高めてくれる紫根化粧品ならば、アトピー症状を改善し、完治も夢ではないのです!

そうはいっても、「つけたその日にアトピーが消えた」というようなことは起こりません。とにかく、毎日コツコツ使い続けてみてください。

なぜならば、肌には生まれ変わりのサイクルがあるため、一定期間を経過しないと化粧品の効果ははっきりとわからないのです。

毎日、植物に水やりをするように、紫根化粧品でスキンケアをしてみてください。

早ければ半月ほどで肌の様子が変わってきたことを実感できるでしょう。
朝、たっぷりと保湿して、それがそのままお昼までキープできていたならば「アトピーからのよみがえり」のサインです。

紫根化粧品は保湿力だけではなく、高いアンチエイジング効果でも知られています。

子どもの頃、アトピーを見守ってくれたお母様へのプレゼントとしてもいかがでしょうか?

商品紹介

『紫根エキス化粧品シリーズ』は、アトピーの方でも安心して使うことができる“自然派化粧品”です。

アトピー改善のために、肌のバリア機能を回復させたい人にも、自信を持っておすすめできるシコンエキスです。

現状ではアトピーの原因は完全には解明されていません。

ただ、たっぷりと保湿してバリア機能を高めることで症状の改善が期待できます。肌本来の力を蘇らせてくれるシコンエキスを上手に使って、イヤなアトピー症状にサヨナラしませんか?

 

シコンエキスは薬ではありません 【運営責任者監修】

※使用にあたってのご注意※

紫根は近年美容効果が有名になり人気が高まっていますが、元々は肌の炎症である火傷・ひび・あかぎれ・痔・ニキビなどの回復のための民間療法として長い歴史がある生薬です。

紫根の薬効主成分「シコニン誘導体」には抗菌作用、抗炎症作用、皮膚活性化作用があるため、痒みや炎症を和らげてくれます。
ただし紫根エキスは天然の植物成分であり、病気の治療や即効性を期待して使用するような医薬品ではありません。

穏やかな生薬の効き目でスキンケアをサポートするために気長にご利用いただく性質のものですので、疾患としてお悩みの方は専門の医師にご相談ください。

【監修】自然派化粧品の老舗「美健漢方研究所」

 

紫根エキス和漢自然派基礎化粧品

アトピー改善のために
毎日コツコツ、シコンエキス

日本の伝承品「紫草の根 紫根(シコン)」の歴史は古く、万葉集に見ることができます。美健漢方研究所では、1978年、創業当初より歳月をかけて“紫根の力”を最大限に引き出す「紫根基礎化粧品」を開発、改良を重ねてきました。使い続けることでお肌自体をリフレッシュして“肌の自活力”を高めてくれます。

ご購入はこちら


最新情報をSNSでチェックしよう!

多くの女性に、正しいスキンケアの方法を知って頂くために。

監修 株式会社 美建漢方研究所
所在地 千葉県千葉市緑区誉田町2-24
事業内容 自然派化粧品の販売
電話番号 0120-122-457
HP https://biken-k.com/