敵か味方か?大人ニキビと化粧品の関係について

       
     
       

大人ニキビ視点での化粧品選び

一度できてしまうとなかなか治らない大人ニキビ。

少しでも早く治そうと効き目のありそうな化粧品をいくつも試してみたという方、これから試してみようと思っている方も多いのではないでしょうか。

そんな大人ニキビに悩んでいる方に、化粧品を選ぶ際にぜひ知っておいて頂きたいことがあります。

それは、ニキビに効果的と謳われている化粧品が、必ずしも大人ニキビを改善するとは限らないということ、場合によっては悪化させてしまうことさえあるということです。

ニキビへの効果を謳う化粧品なのに、効かないだけならまだしも悪化だなんて……!とショックを受けるかもしれません。

しかし、思春期にできるニキビとは根本的に異なるのが大人ニキビのメカニズム。

この大人ニキビならではのメカニズムに沿った化粧品でないために、かえって逆効果となってしまっている例は少なくないのです。

せっかく手間をかけてお手入れするのですから、大人ニキビの改善に向いた適切な化粧品を選ばなくてはなんとももったいない話です。

大人ニキビにはこんな化粧品

大人ニキビに悩む肌にとって敵とも味方ともなり得る化粧品、では大人ニキビの改善のためにはいったいどういったものが望ましいのでしょうか?

大人ニキビに悩むお肌に効果的と考えられる化粧品を見極める際、ポイントとなるのは以下の4点です。

【1】できているニキビの治癒に効果があること

予防効果も大切ですが、既にできてしまっているニキビに対するアプローチも重要です。

できてしまっているニキビを解消するにあたっては、基本的にお肌の治癒力と新陳代謝とに頼ることになりますので、ターンオーバーを正常化する作用を持つ成分が配合された化粧品であれば治癒のスピードアップが期待できるでしょう。

なお、ニキビは一種の炎症ですから刺激は厳禁!ニキビに刺激を与えることのない処方であることが前提です。

【2】ニキビができにくい肌に導く効果があること

今あるニキビの治癒のほかに、今後ニキビのできにくい肌に導いていくという予防的なはたらきも重視したいところです。

大人ニキビの場合、ニキビの直接的な原因は皮脂であっても、その皮脂の過剰分泌の根本原因は乾燥であるというケースが非常に多いため、ただ皮脂を抑制するだけでなくしっかりと保湿をして乾燥を防ぐことが必要です。

もしも乾燥が原因でないとしても保湿はあらゆるお肌の健康に欠かせない要素ですから、保湿力にすぐれた化粧品が望ましいことに変わりはありません。

ニキビ対策を謳う化粧品の中には、さっぱりと感じさせるためにアルコールが多く配合されたものも見受けられますが、アルコールの揮発性のためにお肌の水分が奪われ、乾燥が進んでしまう可能性がありますので気をつけましょう。

良かれと思って使っていた化粧品が原因でニキビが悪化してしまうという事例のうち、このさっぱりタイプの化粧品絡みのケースはかなり多いと考えられますので、アルコールの配合量には注意を払いたいですね。

(※アルコールの表示が成分表の後ろのほうにあるものは、防腐効果や溶解作用を目的として微量が配合されている程度と考えられますので特に問題とはなりません。)

【3】お肌にやさしいこと

既に述べたとおり、一種の炎症であるニキビに刺激は禁物です。

また、既にできてしまっているニキビに対する影響にとどまらず、化粧品による刺激は肌荒れ(=お肌のバリア機能低下)を引き起こしてニキビを誘発しかねませんので、低刺激な処方であるかどうかもチェックすべきポイントです。

香料や着色料といった成分はお肌への刺激が強く、ニキビに限らず各種肌トラブルを起こす一因ともなり得ますので注意しましょう。

また、上記【2】でアルコールの揮発性がお肌の乾燥を招くということについて触れていますが、アルコールの揮発性は間接的にお肌に悪影響を及ぼすだけでなく、それ自体がお肌への直接的刺激ともなりますので、そういった見地からもアルコールが多量に配合されたものはあまりおすすめできません。

【4】続けやすいスペックであること

使ってすぐに劇的な効果があるとすれば、それは化粧品ではなく薬品です。

化粧品は、続けることによりお肌の基礎が整っていき、徐々に穏やかな効果を実感できる類のスキンケア用品です。

それだけに、続けられるかどうかというポイントは見逃せません。

一定のリラックス効果も化粧品の特長のひとつ。「良薬は口に苦し」などとはいいますが、化粧品は薬ではありませんから、使い心地がよくないとやはり続きませんよね。

また、毎日お手入れするわけですから、複雑で手間のかかるメソッドは大変。そのうち苦痛となってきて使用を止めてしまうというケースも考えられます。

負担を感じないシンプルな手順なら続けやすく、おすすめです。

そして、忘れてはいけないのがお値段です。

日々消費するものですから、高価過ぎては続けたくても続けられません。ひと瓶使いきっておしまいとならないよう、お財布にやさしい価格設定であるかどうかも確認しておきたいところです。

大人ニキビ解消を全方位からサポートする成分とは?

和漢生薬のうちでも、皮膚への卓越したはたらきがよく知られ、古くから火傷や湿疹の薬に用いられてきた紫根。

そんな紫根が配合された「紫雲膏(しうんこう)」は、江戸時代の医師・花岡青洲により処方されて以来、漢方外用薬の代表格であり続け、今なお市販され多くの人に使われています。

この紫根のエキスを化粧品に配合した場合、そのターンオーバー促進作用や抗菌・抗炎症作用により、今あるニキビの改善とニキビ予防のどちらにも高い効果があるものとなります。

おすすめの「紫根エキス和漢自然派基礎化粧品」は、紫根の力を最大限引き出す漢方処方視点の絶妙な配合バランスが特長です。

紫根エキスのほかにも、すぐれた保湿効果のトウキ根エキスやアロエベラ葉エキスなど、あわせて13種類もの植物エキスが配合されており、大人ニキビに悩むお肌に嬉しい処方となっています。

製品の淡いピンク色は着色料ではなく紫根由来、もちろん香料も含まれておらず自然派化粧品ならではのお肌へのやさしさが特長です。

化粧水、乳液、クリームの3品で構成された同シリーズを使ったお手入れは、ごくシンプルな手順ですので気軽に始められますね。

その歴史の長さが確かな効果を証明している紫根で、大人ニキビに悩む日々を卒業しませんか?

【監修】自然派化粧品の老舗「美健漢方研究所」

 

紫根エキス和漢自然派基礎化粧品

大人ニキビ肌の
「治す、防ぐ、潤す」を
バックアップ

日本の伝承品「紫草の根 紫根(シコン)」の歴史は古く、万葉集に見ることができます。美健漢方研究所では、1978年、創業当初より歳月をかけて“紫根の力”を最大限に引き出す「紫根基礎化粧品」を開発、改良を重ねてきました。使い続けることでお肌自体をリフレッシュして“肌の自活力”を高めてくれます。

ご購入はこちら


最新情報をSNSでチェックしよう!

多くの女性に、正しいスキンケアの方法を知って頂くために。

監修 株式会社 美建漢方研究所
所在地 千葉県千葉市緑区誉田町2-24
事業内容 自然派化粧品の販売
電話番号 0120-122-457
HP https://biken-k.com/